鍼灸とは|体外受精について理解を増やすことが妊娠へのキッカケになる|妊娠NAVI

妊娠NAVI

不妊で悩んでいるなら鍼灸院にて妊娠しやすい体作りをしよう

鍼灸とは

お灸

鍼灸の特徴

「鍼灸」とは普段目にしないような漢字ですが、しんきゅうと読みます。不妊治療として、鍼灸を試される方は多いです。では、鍼灸とは何か説明していきましょう。鍼灸は、体のツボに合わせて鍼を刺して刺激を与えたり、火をつけたもぐさを利用して体を温める効果を行う施術です。ツボを効果的に刺激することで、症状改善や向上を目的としていて、鍼灸院にて施術を受けることが出来ます。

鍼灸と不妊治療の関係性

鍼灸はツボを刺激して施術を行うことから、肩コリや神経痛などで悩まれている方に効果があるとされてきました。しかし、鍼灸は自分の体の力を最大限に出せるようにすることを目的とした施術なので、不妊治療にも適していることがわかっています。ホルモンバランスなどを整える働きがあるため、妊娠しやすい体作りが出来ると期待されています。

カウンセリングを行おう

鍼灸院では、問題改善に向けてしっかりとしたカウンセリングが行われます。そこで、不妊治療の相談をすれば症状改善に適した治療をスタートさせてくれます。そのため、カウンセリングの時にはきちんと目的や症状を伝えられるようにしておきましょう。

施術方法

鍼灸では鍼を刺す施術があり、痛みの心配をすると思います。しかし、ほとんど痛みはないと言えるでしょう。鍼に振動を与えたり、刺した状態をキープする時もありますが、リラックスして施術を受けましょう。もぐさは皮膚に直接のせて行う方法と皮膚との間に、にんにくを挟んで間接的にのせる方法があります。もぐさの熱で体を温めるのは、下腹部を温めることにより血行改善が期待出来ます。