妊婦中に気をつける食事について|体外受精について理解を増やすことが妊娠へのキッカケになる|妊娠NAVI

妊娠NAVI

妊婦さんは食事も細心の注意を払う必要がある!正しい知識を身につけよう

妊婦中に気をつける食事について

ご飯

発達に影響が出る

妊婦の方は基本中の基本ですが、アルコールを飲んではいけません。なぜ飲んではいけないかと言うと、食べた栄養分が赤ちゃんに届くように、アルコールの成分も赤ちゃんに届いてしまうからです。赤ちゃんの発達を悪影響を与える可能性があるため、妊娠中は控えましょう。

カフェインの量を気をつけよう

カフェインも実は赤ちゃんの発達段階に影響を及ぼす可能性があります。だからこそ、飲むのであれば適正な量を学んで飲むことが大切です。コーヒー好きな方も多いと思いますが赤ちゃんの為にも、妊娠中は少し量を減らしていきましょう。1日に2杯までならコーヒーを含むカフェインを飲んでもOKです。

食中毒の危険を考える

妊婦さんは、食事にも細心の注意をはらわなければなりません。特にリステリア菌という食中毒にかかってしまう可能性が高くなります。リステリア菌に気をつけるには、肉や魚などにを生で食べないように心がけることが重要です。しっかり加熱処理を行ないましょう。

ビタミンAについて

ビタミンは取り入れると良いことが多いため、サプリや食事から意識して取り入れる方が多いと思います。しかし、妊婦の場合はビタミンAの取りすぎには注意が必要です。それは赤ちゃんの形態に関わる異常が起きる可能性が考えられるかです。過剰摂取ではなく、適正量であれば問題はないです。

一心同体だからこそ

どうでしたか?妊娠中の食事だけでこんなにも気をつけるべきことがあります。他にも沢山存在しますが、特に可能性のあるものをわかりやすくまとめてみました。自分が口に入れたものは、赤ちゃんにもつながっていると考えれば取り入れるもの全てに気をつけていきたいものです。